コーヒーマシンのレンタル・買取・査定・ご購入は、ラッキーコーヒーマシンストアで!

ラッキーコーヒーマシンストア

  • スマートフォン向けページが出来ました!
  • ロイヤルシェフ ユーシーシーフーズ株式会社
  • ラッキーコーヒーマシン株式会社
  • がんばろう東北!がんばろう日本!
ホーム整備内容について
整備内容について
リフレッシュマシン完成までの流れを説明します
1≫診断 まず始めにマシンのコンディションを診断書に基づいて、チェックしていきます
外装、付属品の診断
キズや凹み箇所、付属品の有無、機器番号、年式の確認
手が触れる消耗品の診断
押しボタン、レバー、スイッチノブの消耗具合
配線の診断
ヒーター線、電源ケーブル等の熱による劣化、変色、硬化具合
試験(ランテスト)
続いて電気と水道をつなぎ、実際に稼動させ、チェックしていきます
電気系統の診断
プログラムの動作、スイッチ類の反応、給水動作の反応、抽出動作の反応
水質による劣化の診断
水質による劣化の診断
スチーム・熱湯ノズルのスケール、ポンプの異音、圧力のばらつき
ミルクラインの診断
スチーム配管、電磁弁への逆流による異臭
以上の診断が終わったら、オーバーホールに進みます
2≫整備(オーバーホール)
診断結果を整備基準に照らし合わせて、オーバーホールを実施します

整備工程は、分解~洗浄~組立がベースになります

配管や内部ブロック、ヒーターに付着したスケールも、しっかり落とします

超音波洗浄機 ・・・ 油汚れを剥離させ、
               微細な汚れを根こそぎ剥がします

サンドブラスト ・・・ 頑固な汚れ・スケールを剥離します


整備(オーバーホール)
以上のオーバーホールが終わったら、ランテストに進みます
3≫試験(ランテスト)
最終チェックとして実際に稼動させ、最大40項目の試験項目を実施します

絶縁抵抗試験、耐電圧試験、連続抽出試験、
   プログラム変更試験など・・・

試験(ランテスト)
 
試験項目全てをクリアしたものが、リフレッシュマシンとして販売されるのです